直近の決算概況

2022年12月期第1四半期の概況

当第1四半期連結累計期間において、世界経済は、新型コロナウイルスの変異型であるオミクロン型の感染拡大や、原材料高および供給制約等によるコスト増により、減速感が強まりました。直近では、ウクライナ危機を背景とした世界的な株安や、資源価格の高騰によるインフレの長期化が懸念される等、先行き不透明な状況が続く見込みです。

わが国でもオミクロン型の感染急拡大による外出行動の抑制等から、経済の回復ペースは鈍化しました。為替市場における主要通貨の動きは、前年同期と比較して米ドル、ユーロ、中国元といった主要通貨が軒並み円安で推移しました。

このような経済状況の中、当社の事業毎の環境は前年と様変わりし、結果として電気・電子部品事業、自動車部品事業が減少し、設備事業が伸長しました。

電気・電子部品事業は、デジタル化の進展に伴い、コネクタ等の電子部品需要は底堅く推移しましたが、一部、顧客側で半導体をはじめとする部材調達が滞ったことや巣ごもり需要の反動減等が影響し、受注が伸び悩みました。製品別では、リモートワークの拡大等に伴う需要構造の変化により、パソコン需要が底堅く推移したことを受けて、細線同軸コネクタや基板対基板コネクタは比較的順調に推移しました。HDD関連部品は、データセンター向けの大容量HDDの部品需要が引き続き好調であったことから伸長しました。

自動車部品事業は、自動車需要は引き続き堅調に推移しているものの、新型コロナウイルスの感染症再拡大や半導体をはじめとする部材不足等に伴うサプライチェーンの混乱により、自動車メーカーの生産活動が停滞していることを受けて、不安定な状態が継続しました。

設備事業は、半導体メーカーが高まる需要に対して供給が追い付かず、生産能力の増強を継続していることを受けて、半導体樹脂封止装置や金型の売上高は順調に推移しました。また、薄型半導体の製造に使用する樹脂漏れ防止用の自動テープ張付機も好調を維持しました。

その結果、当第1四半期連結累計期間の売上高は14,783百万円(前年同四半期比8.0%減)、営業利益1,190百万円(前年同四半期比△36.0%減)、経常利益1,519百万円(前年同四半期比35.7%減)、親会社株主に帰属する四半期純利益588百万円(前年同四半期比65.0%減)となりました。